タタハム冒険記

ランとか登山とか自転車とか

JR京葉線マラソン

f:id:tataham:20180212091803j:plain

2018年2月9日(金)
JR京葉線ラソンをやりました。
路線シリーズでいくと第2弾になります(第1弾は山手線マラソン)。
スタートは東京駅。ゴールは蘇我駅。計17駅。
Wikipediaによると、東京~蘇我間は43kmらしい。
ということは、距離は少し迷ったとしても45kmくらいか?

山手線一周は約40kmだったので、ちょうどいいレベルアップだ。

 

 ・前準備
スマホでよく写真を撮っていたが、最近バッテリーの調子が悪い。
走ってる最中に電池切れになるとショックなので、今回はデジカメ(LUMIX DMC-FT25)で撮影することにする。

地図を見て迷いそうな場所がないか確認。
最初の越中島駅潮見駅はいくつか人口島を渡っていくので注意するとして、
新木場駅まで出ればあとは迷うことなく行けそうだ。

補給食は、
アミノバイタル ゼリードリンク 2本
カロリーメイト(チョコ味) 1箱
飲み物は現地調達とする。

 

・当日(走った感想)

f:id:tataham:20180212110246j:plain

09:00ちょうどに東京駅をスタート

4駅目の潮見駅までは道に迷わぬよう慎重に行動する。

5駅目の新木場駅までくれば、あとは基本的に真っ直ぐ進むだけ……と思いきや、思ったより道に迷った。
迷ったというかなんというか、京葉線の高架橋は目視で確認できるのだが、歩道が片車線しかなかったり(荒川ら辺)、車道と同じように真っ直ぐ進めないところもあった。

線路を真ん中に北側を走るか南側を走るかも迷った。

 

8駅目の新浦安駅~9駅目の市川塩浜駅間、

高架橋の柱の間から海が見えた。天気がよかったので、遠くのビル群も見える。

「もしかして、今遠くに見えてるビルのところまで走らんといかんのか……」と思った。

 

9駅目の市川塩浜駅を通過後、自販でホットココアを購入。
飲みながらカロリーメイトを食す。
タタハム的に次の二俣新町駅が中間地点かと思ったが、この地点で約22km。
「え? これ本当に45kmで終わるの?」

 

13駅目の海浜幕張駅付近にてポカリスエットを購入。
学生をちらほら見かける。汗臭いので、女子高生には接近し過ぎないよう注意する。

 

15駅目の稲毛海岸駅を過ぎてから(約42km地点)脚がつりはじめて大失速。
ここまで主食がアミノバイタル2本とカロリーメイト1箱だったので、明らかなエネルギー不足である。

 

16駅目の千葉みなと駅からゴールの蘇我駅にかけて、脚のつり具合が悪化。

ラストスパートをかけられなくなってしまった。
ちょぼちょぼ走り、ときどき歩きながら進んでいく。止まるとつりそうになるのでとにかく動く。残り数キロが長く感じる。

 

17駅目。ゴールの蘇我駅が見えた。感動。
どこをゴール地点にしようか悩んだ結果、歩道橋を上った先にフィニッシュゲートが用意されていたので、そこに決めた。 

f:id:tataham:20180212092031j:plain 

蘇我駅に用意されていたフィニッシュゲート。
JEF UNITEDとやたら誤字が目立つが、まあいいだろう。

 

ガーミンによると東京からここまでの距離は50.07km(多少の誤差はあると思います)。

京葉線は43kmと聞いていたが、どこを迷ったらこんな数字になるんだ!?

 

・EXステージ(蘇我駅からスーパー銭湯まで)

ゴール後はお待ちかねのお風呂タイム。

しかし、銭湯からタタハムのところへやってくることはないので、人力で移動しなければならない。

距離は約1.6km。通常のタタハムであれば徒歩でも20分あればたどり着く。
余裕だったら走る計画だったが、全然そんなことはなかったので歩く。
銭湯を目指す前にまずは水分補給と思い、コーラの自販を探した。

しかし、すぐ見つからなかったので、がぶ飲みメロンソーダを購入。

座って少し休む。日差しは暖かいが風は冷たい。早くお風呂に入りたい。

歩き始める。
もう大丈夫かと思ってたが、歩き始めてすぐに脚がつってきた。

やばいやつがきた。
ふくらはぎを握りつぶされるような激痛。
ラソン大会の会場だったら自由に(?)倒れたり叫んだりすることができるのだが、
ここはただの住宅地。恥ずかしいので声も上げられず、道路なので倒れることもできない(こんなところで倒れたら、事情を知らない人を驚かせてしまう)。
痛みをこらえながら、ガードレールに捕まる。
傍からみれば、いきなり立ち止まってストレッチをはじめる汗だくランナーに見えたはず。
風が冷たい。足痛い。進めない。

とても惨めな気持ちになった。
寒空の下、歩いては止まり、歩いては止まりを繰り返す、地獄の1.6kmとなった……。

f:id:tataham:20180212092049j:plain

銭湯(笑がおの湯 千葉寒川店)にたどり着いたとき、今度こそ本当のガッツポーズ!!

 

・まとめ

走りながらよく思っていたのが、
「言うが易し 行うは難し」だった。
やたら長い距離を走った経験があると(100kmとか)、自分の力を過信してしまうところがある。また、前回の山手線マラソンは結構快走だったので、今回も「大会に向けていい予行練習になるだろ」とか「海沿い走れるなんて最高だ」くらいの気持ちだったが、心身ともにつらかった。脚もやばいほどつった。

お尻(イボ痔)の調子は良いんだか悪いんだか、

後半気になってはいたが、風呂に入いれば治っていく。次の日にはほぼ完治した。
40km超える距離だと、こまめな補給が大切。寒くても。

 

さて、次回の路線シリーズはどこになるのだろうか。


つづく