タタハム冒険記

ランとか登山とか自転車とか

日光ウルトラマラソン!!

f:id:tataham:20170715205958j:plain

2017年7月2日(日)
第1回 日光ウルトラマラソンに参加しました。
この大会を知ったのは、ランナーズウェルネスから送られたパンフレットです。
なになに……いろは坂? 日光江戸村? 東武ワールドスクウェア
その他コースには、日光の観光名所の名が踊る……それだけでもうウズウズしてしまいました。

よし、エントリーだ。もちろん100kmの部。
この時期ちょっと暑いじゃないかな~と心配でしたが……まあなんとかなるでしょう(実際なんとかなった)。

 

■準備・モチベーション・前日

・初期装備
アミノバイタル パーフェクトエネルギー 1本
⇒いつもの1本
アミノバイタル スーパースポーツ 1本
⇒パーフェクトエネルギーの進化前? パーフェクトエネルギーだけだと飽きるので。
カロリーメイト チョコレート 4本
⇒カロリー補充要員。コスパ最強。
ウイダーin タブレット 塩分+ 2個
⇒脚つり防止

帽子、シェルジャケット

⇒雨降る可能性あったため。結局ほとんど使わなかった。

マイカップ

⇒今大会はマイカップを推奨していたので持ってきた。しかし、普通にコップで飲み物出てたので、結局使うことはなかった……。

シューズ ニューバランスM1500 D

⇒叔父から貰いました(ありがとうございました^ ^)。最初はいつものasicsターサージールちゃんで走ろうと思ったけど、毎週負荷かけ過ぎたのでお休みさせることにしました。まだあまり履いてないので、後半のクッション性に期待。

時計 GARMIN ForeAthlete 225J

⇒心拍とBluetoothをオフに。電池が途中で切れないようにする。

 

・モチベーション
週末レースが続いたり、中国地方へ観光行ったり、その合間に仕事があったりと、ゆったり休める日が少なかった(遊んでばっかだがw)。
そのせいか、2日前は出ようか否か本気で考えてしまった。こんな大変な思いをしてまで、ウルトラマラソンを走る意味があるのか? と。

しかし、大会前日となる日の仕事が終わるとあらま不思議、モチベーション回復。覚悟も決まる。この大会が終わればしばらく大会は無い……最後の戦いだと自分に言い聞かせた。

 

・前日(7月1日(土))

大会前日は仕事の夜勤明け。
午前中に帰宅。お昼から夕方まで寝る。
起床後、自宅で夕飯を食べ、車で出発。

高速道路はどこも渋滞なく快適だった。

21:00くらい? "道の駅 日光"に到着。臨時駐車場はガラガラだった。

セブンイレブンで朝食を買う。車中泊

 

■当日~ゴール後まで

02:00 起床。指定駐車場へ向かう。

02:30 指定駐車場からシャトルバスに乗り、会場へ向かう。

会場に着いた後、当日受付を済ませる。

朝食(オニギリ2つ?、カフェオレ、あと何か)を食べる。

04:30 レーススタート 。小雨が降っていたが、後に晴れてランニング日和に。……ちと暑かったか^ ^;

まずは"日光杉並木"がランナー達を歓迎する。ここから"いろは坂を"上り終えるまでは上り基調となる。

最初の10kmくらいはテンションが上がらなかった。気持ち的につらさを感じた。

コース上の階段を上り、"日光東照宮"が眼前に見えた時、ようやくエンジンが回り始めた。「こんなところ走るのか!? 贅沢だ―!!」と感動した。

 

約20km地点

"いろは坂"の前に来る。
実は、多公はこのゾーンを一番楽しみにしていた。
どれくらい険しい上り坂が待っているのか……ワクワクした。
上りは、"第2いろは坂"を上る。

いろは坂の上りの感想 ⇒ 意外とそれほどでもなかったか?

予想してたよりも緩めの坂だった。むしろ、途中のトンネルが長さが気になった。

景色を観たり、中禅寺湖までの距離が書かれる看板を見ている内に、いつの間にか中禅寺湖に到着。
上りきってしまえば、60km地点までは下り基調なので、気持ち的に楽なった。

中禅寺湖の周りを走り、そーめんを食ってトイレに行った後、今度は"第1いろは坂"を下る。
下りはやっぱり快適!!
乗鞍でも思ったけど、実はオレ下りの方が好きなのか? と思ってしまう。

第1いろは坂は、第2より道路のクネクネがすごかった。下を覗くと、道路が蛇のごとくうねっているのが見えた。思わずにやけるw

ちなみに、いろは坂は上りも下りもランナー専用に規制されてない(運転手に対して注意喚起はされている)。

基本的に左側通行を指示されていたが、車には十分注意した。

いろは坂を抜けると、来た道を戻る。再度日光東照宮の前を通った時、ちょうど観光客の団体がいて、応援してくれました。元気が出ました。そして、道を占拠しててすみません……。

 

51km地点
ほぼ中間地点。ドロップバッグを受け取る。

 ・ドロップバックで補充したもの
アミノバイタル パーフェクトエネルギー 2本

⇒1本はその場で一気飲み
アミノバイタル スーパースポーツ 1本

⇒そのままポケットへ。

レッドブル

⇒その場で一気飲み
meiji 即攻元気

⇒ポケットに入れると揺れて気になったので片手に持つ。

 

・ドロップバックに預けたもの

帽子、シェルジャケット

⇒晴れたため。帽子も殆ど被らなかったので。

カロリーメイト 2本

⇒モサモサでもう食べれないw

 

ウルトラでは後半いつもウェアを着替えるのだが、今大会はゼッケンが1組しかなかったため着替えなかった。いちいち安全ピン取るのめんどいので。

補充とかトイレとか含めて10分くらいゆっくりしたかな?

 

51km~60km地点

やたらとつらかった記憶がある。

思い当たることと言えば、レッドブルアミノバイタルを一気飲みしたことだ。

後半どうせ食べれなくなると思って、無理やり口に詰め込んだのだ。

中間地点から最初のエイドで少し休憩。エイドの人に心配される始末。

元気を装い出発。歩きながら調子を整える。

詰め込んだものがエネルギーに変換されると(勝手な解釈です)、ようやく気分が落ち着いた。

 

61.6km地点

豊岡運動公園エイド着。

エイドにコーラを配るかわいい女の子二人組を発見。ちょっと絡んでみたいという欲望があったが、シャイボーイ且つ、汗と体臭を撒き散らすみっともない姿を見られたくなかったのでスルーw

暑くなってきたので、このあたりから各エイドで水を頭にかぶりながら進む。

また、水しか飲めなくなってきたので、meiji 即攻元気やアミノバイタルも水で薄めて飲む。

 

66.7km地点

日光江戸村エイド着。

小学校の修学旅行ぶりだったので楽しみにしていたけど、園内にはいったのはわずか100m程度か?。「こんだけぇ!?w」てなった。

 

約72km地点

鬼怒川温泉ふれあい橋を渡る。

鬼が描かれた長い階段を、あまり使ってない階段筋(?)でぴょんぴょん上る。

今度ゆっくり観光したいな~なんて思う。

 

76.3km地点
東武ワールドスクウェアエイド着。
ここも、面白いところだと巷で話題だったので楽しみにしていた。江戸村より内部に入れたし、建物のミニチュアも観れました。江戸村よりちょっぴり満足。

 

ちょこちょこ緑ゼッケンの人が見えてくる。62.195kmの部のランナー達だ。

進むごとに、100kmの部のランナーよりも増えてきた。

というか……100kmの部のランナーはどこへ? と思ったほど、100km部のランナーを見かけなくなる。

 

90km地点(残り10km)

シューズのおかげか、つらいけど調子は悪くなかった。
脚が……イキタガッテイル。

脳内ではまだペースを上げるには速いと思っていたが、
「……よかろう。脚の赴くままよ!!」
ちょっとスパートをかけた。

信号にも捕まらないよう気を付ける。

 

95km地点(残り5km)

ちょっとスパートかけるの速すぎたか、苦しくなってきた。

歩きこそはしなかったが、ペースが上がらない……。

「まあでも、残り10kmでスパートかけるなんてすごいじゃないか。それだけで十分成長した!!」と、自分を肯定してやる。

心身一体。心がネガティブになると体も動かなくなるのだ。

 

99km地点(残り1km)
ラストスパートだ。
ゆっくりと、だが確実に100kmのランナーを抜かしていく……が、1人それを許さぬランナーがいた。

私がさりげなく抜かすと、抜き返してきたのである。

明らかに私を意識しての走りだ。……おもしろい!!

しばらく前を譲ったが、残り500mくらいでスピードを上げる。

抜かす!! ……あら!? また抜き返された!!
しかも速い!! くそ!! なんて速さだ!? 差がどんどん広がっていく……。
ああ、ダメだ。あきらめよう。ここまで私も頑張ってきたんだ。
思えば残り10kmから頑張っているんだ。それだけでもすごいではないか。悔いはない。悔しいが、おめでとう!!


残り200mくらいか。スタート地点の今市運動公園に戻ってきたが、まだゴールのアーチは見えない。ゴールはどこだ!?
代わりに現れたのが、畳一畳くらいのブルーカーペット(計測器)。両端にはカラーコーン。

えっ? あれがゴール!? 全然ゴールっぽくないんだけどw

案の定それはゴールではなく、それを踏むと実況者に私の名前が伝達され、名前を読んでくれるやつだ!!

踏む。私の名前が呼ばれる……っとその時、思わぬ出来事が!?
私を抜かしたランナーが、歩き出したではないか!!
「……今だ!!」
アクセル全開。抜き返す。もう抜かされたくない。最後の力を振り絞る。
90度左に曲がると、そこには待ちに待ったゴールのアーチが目の前に!!
ガッツポーズを決め、そのままGOAL!!

 

いやー本当に疲れた……。

写真撮ってる余裕もなかった。早く帰りたかった……。

 

■まとめ

日光の観光地という観光地を自分の脚で巡れたことは、とても貴重な経験になりました。

後日、ランナーズアップデートを見てみると、後半もしっかり走ってたみたいなので良かった!!

シューズは大会の時、履き心地重視でいつも同じシューズばっか履いてたけど、やっぱり距離によって変えたほうがいいのかな~^^;

まあ走るのもいいけど……今度はゆっくり散策したいです。

 

しばらくは大会無いので、登山を楽しむ予定です。

 

ちゃんちゃん

f:id:tataham:20170715214909p:plain

f:id:tataham:20170715210452j:plain

↑完走証。立体の完走メダルが豪華!!