タタハム冒険記

ランとか登山とか自転車とか

ガンバ!!\(^o^)/ フンバ!! |_(^o^)_|

f:id:tataham:20170705181711j:plain f:id:tataham:20170705182028p:plain

2017年06月18日(日)
乗鞍天空マラソンに参加しました。
前々から出たいと思ってた大会だったけど、いつも別の行事とかぶって出れませんでした。
今年は距離が30km→フル(42.195km)に変わるとのことでしたので、思いきってエントリーしました。
乗鞍天空マラソンは標高約1500mからスタートし、乗鞍岳山頂へ続く舗装路をガンガン上っていくコースです。
最高到達地点である約2600mまで上り終えると折り返し、スタート地点でもあるゴールまで一気に下っていきます。
その標高差は、1000m以上にもなります。
つまり、前半は筋肉を痛めつけ肺を苦しめ、後半は膝を破壊しにくるという、なんともドM心をくすぐるコース設定なのだ!!
こんなフルマラソン、今まで聞いたことがない!! フルマラソンの異端児だ。
詳しくは大会ホームページを参照することとして、完走の感想を書いていきます。

■前日・準備とか

前日受付のみなので、前日から受付である"乗鞍観光センター(長野県松本市)"まで車で向かう。
"中央自動車道 八ヶ岳PA"で昼食タイム。開花丼(肉を卵でとじたもの?)を食べる。
お昼過ぎに"乗鞍観光センター"に到着。受付を無事済ませ、一度下山(国道158号線のトンネルは狭くて怖い……)。
"ファインビュー室山(日帰り入浴できるホテル)"でお風呂タイム(景色が最高でした)。
"ベイシア あづみの堀金店(スーパーマーケット)"で夕飯(カレーと焼き鳥丼)と朝食を買う。
"道の駅 アルプス安曇野ほりがねの里"で夕飯タイム。車中泊
※車泊候補は他に"道の駅 風穴の里"があったが、駐車場が32台がないとの情報だったので、確実を期して上記の道の駅へ。会場まで42kmほどあったが(^_^;)

・装備
ウイダーinタブレット塩分プラス 2個
⇒脚つり対策
アミノバイタル パーフェクトエネルギー 1本
⇒いつもの1本
アミノバイタル GOLDゼリードリンク 1本
⇒パーフェクトエネルギーだけだと飽きるので。こっちは結構飲みやすい。
シューズ ターサージール
時計 garmin
※上着(雨具とか)忘れた。結果的に晴れたし寒くなかったので不要だったけど雨が降ってたらどうなってたことやら……。

・心配してたこととか
2週間くらい前に柴又100K(100km)出てたので距離に対する恐怖はなかった。
標高差1000mのレースも、トレイルレースで経験済み。
結果として、いつも通りの経験ごり押し作戦でいけると考えた。
唯一未経験だったのが、標高差1000mの舗装路を文字通り走ること。
上りを走破できるか? 下りで膝を痛めないか? は、心配であったと同時に、お手並み拝見といったところ。
モチベーションが上がったのは、開会式をやっている最中のこと。


■当日

04:30 起床、会場を目指す。

05:30くらい? 会場着。朝ごはん(おにぎり、カロリーメイト2本、あと何だっけ?)を食べる。
07:40 レーススタート。天気はいい感じの曇りで寒くもない(本当に天候に恵まれたと思う^ ^)。

パンフレット上、最初の5kmは平坦な道……と思いきや、実際はけっこう起伏があった。
2.5kmほどで折り返しスタート地点まで戻ってくると、いよいよ約18kmの上り坂がはじまる。
パンフレット通り、ほんとーに上りオンリー。たまーにフラットになるくらいで、下ることは一切無い。上って上って上りまくる!!

上るごとに、景色は変化していく。
森を抜けるとまずは、冬にはスキー場にとなる開けた場所へ。更に上り進め、視界を遮るものがなくなると、山々や雲がどこまでも広がる大絶景。正に天空マラソン。
「この先、どんな景色が待っているのか?」
変わりゆく景色のおかげで、残りの距離を考えたり、疲労を感じることなく走ることができた。
最後に現れたのは雪の回廊。はじめて観るその景色に「すげー」と平凡な感想。
雪の回廊を抜けたあたりからつらくなってきたけど、オールスポーツのカメラマンがいたので元気なふりをする。

その後もせっせと上り、最高到達点(約23km地点)に到着。

エイドでバナナと温かい味噌汁を飲んですぐに出発。なんだかんだでタイムを気にする多公である。

後半は、上ってきた道をスタート地点までひたすら下りまくる。
呼吸も足どりも楽になるが、油断してはいけない。
下りでの膝への衝撃は、体重の5倍とかなんとか言われており(平坦だと3倍だっけ?)、体重61kgくらいの多公の場合、305kgの衝撃が膝を襲い続ける……。
なので、重力に身を任せつつも、スピードを出し過ぎないように注意する。

景色は上りと逆で、雪の回廊 ⇒ 天空世界 ⇒ 森の中へと戻っていく。
上りのランナー達がいなくなると、ほとんど人がいなくなり寂しくなる……。
30kmを過ぎても順調。俗にいう30km、35kmの壁はなかった。膝も大丈夫そう。
脚がつることも警戒してけど、それもなかった。
とにかく調子が良かったので、スピードをセーブしつつも走り続ける。
下りに強いランナーは、すごいスピードで下ってくる。追わない。というか、追えない。速すぎてw
常にマイペースを維持。
残り3km地点より、徐々にラストスパートをかける。
前方のランナーを抜かしていくことを意識。ちらほらと前方にランナーがいたので、目標には困らなかった。
ゴール手前でがむしゃらに2人を抜き、感動のゴール!!

ゴール後も特に膝が痛かったりつることもなかった。本当に調子よかったなー。

■まとめ

乗鞍天空マラソンはその名の通り、天空を走れるマラソン大会でした(レース中の写真撮ってないので伝わりづらいのですが……^ ^;)。
素晴らしい景色の中を走れて、改めてランナーになれてよかったと感じました。
上りもエイド以外では走り続けることができたのでよかったです。もう少し速くなれればもっといいんだけど^ ^;
上りで走る私を応援してくれたランナーの皆さまも、ありがとうございました。
下りの爽快感も最高!! フルマラソンだと多分この大会でしか味わえないと思います。
白樺の完走メダルも、完走後の温泉(湯けむり館)もとっても満足です。
今大会のDVDも結局申し込んでしまいました。自分がどれくらい映っているか楽しみ。
乗鞍にくるのは実はこれで4回目ですが、何度でも行きたいです!!

おしまい。

 f:id:tataham:20170705182938j:plain